猫と暮らす築23年の家をDIYでプチリフォーム

毎日ちょこちょこDIYリフォームしています。目標は猫と楽しく暮らす家!
2013年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年11月
ARCHIVE ≫ 2013年11月

小さな木製そり完成しました

林檎ぐるみのソリ完成しました。
まずは完成画像から♪
1132e.jpg

昨日のブログでは、1回目の塗装が終わったところでした。
1130g.jpg

1回塗りだと少しムラがあったので、もう一度塗り重ねて、
RingoStarの文字を入れました。
1132a.jpg
リンゴスターは林檎ちゃんの血統書名です。

名前にちなんで、星の小道具を作ります。
1132b.jpg
電動糸のこで星の形を切って、

リボンでちょこっとおめかし。
1132c.jpg

お星さまのスティックを持っている様子が可愛いでしょ!
小道具にサンタクロースの白い袋も作りました。
袋の中には林檎が入っています。
1132d.jpg
後ろのツリーは何年か前に作ったもので、
白木にクリスマス柄の生地を貼ってリボンをつけただけのお手軽ツリーです。

私は何を作ってもわりと早く作れる方と思います。
でも林檎ちゃんのぬいぐるみはものすごく時間がかかりました。
自分で使う実用品を作る時には、
ちょっとくらい曲がっても平気平気!と思うのですが、
ぬいぐるみはそうはいきません。
林檎ちゃんらしくなるように、小さな所にもこだわって作りました。
1119i_201311302006331d6.jpg
仔猫時代の林檎ちゃんのイメージで作ったので、
今の林檎ちゃんとは少し雰囲気が違いますが、
林檎ちゃんらしさを表現できたように思います。

最初の頃はぬいぐるみだけを作っていたのですが、
だんだんぬいぐるみ用の家具や小道具も作るようになりました。
ぬいぐるみが出来上がると、その子を椅子に座らせたくなったりするのです。
でも、ぬいぐるみにちょうど良いサイズの椅子はそうそう売っていないし、
あったとしても、色やデザインなど、どこかしら好みとは違います。
自分のイメージにぴったりの物は自分で作るのが一番です。

林檎ちゃんのぬいぐるみは、サンタクロースなので、
最初からソリにのせたいと思っていました。
家具作りなどの木工は専門ではないので上手ではありません。
木のカットもちょっと曲ったりしているけれども、
ソリにちょこんと座っている林檎ぐるみがとても可愛くて、
ソリを作って良かったなぁと思います。
1132g.jpg
手作りって楽しいです。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ
手作り雑貨 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小さな木製そりの組み立てとペイント

難関の木のカットが終わったてホッとしたところで、
次は組み立てです。
1130a.jpg

接着剤と隠し釘で組み立てていきます。
1130b.jpg

ちゃんとした設計図はありません。
横からみた形を書いた紙が1枚あるだけです。
後は現物合わせで作りながら形を決めていきます。
1130c.jpg

こんな感じでいいかなぁ・・・
1130e.jpg
組み立てはこれで完了。

次は塗装です。
家で使うなら白にするところなのですが、
仔猫のぬいぐるみのそりなので、可愛らしいイメージで、
赤とゴールドを組み合わせました。
1130f.jpg

一回塗ったところ。
1130g.jpg
まだ少しムラがあるので、乾いたらもう一度塗り重ねます。
主役はぬいぐるみなので、シンプルにこのままでもいいと思うけど、
文字を入れようか迷い中。

この木製ソリ、クリスマスのディスプレイに使っても良さそうだし、
もっと大きく作ったら、猫のベッドにもいいかも。


*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ
手作り雑貨 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小さな木製のそりを作っています

サンタ林檎のぬいぐるみ、このままでも悪くないけど、
そりにのせたらきっと可愛いに違いない!
1119j_2013112818382041f.jpg

思い立ったらすぐ作らなくちゃ!
1129e.jpg

そりの型紙を作って、

電動糸ノコで切ります。
1129f.jpg

どんどん切ります。
1129g.jpg

外側が切り終わりました。
次はブレードの所を切りぬきます。
1129h.jpg

糸のこの刃を通すために穴をあけて、
1129i.jpg

穴に刃を通して、ダダダダダダダッ。
くりぬき完了。
1129j.jpg

ちょっと曲ってしまった所は金やすりで修正しましょう。
1129k.jpg

全体にやすりをかけて表面を整えました。
1129l.jpg
一気に組み立ててしまいたいところですが、
私にしては難しい形を集中して切ったら、
切り終わったとたん集中力が切れてしまいました。
続きは明日。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ
手作り雑貨 | Comments(-) | Trackbacks(-)

この家を建てた頃2 間取りが決まるまで

輸入住宅を建てることが決まり、
いよいよ具体的なことを決めていく段階です。

私はもう楽しみで楽しみで、
オープンハウスでもらった20ページほどのパンフレットを、
飽きもせず眺めていました。
1129a.jpg

パンフレットの中の家は、外国の絵本に出てくるような家ばかりでした。
写真もイラストも素敵で、その中に夢が詰まっている気がしました。
1129b.jpg

でも、パンフレットの世界をそのまま再現できるわけではありません。
何しろ予算と言う物があります。

家を建てるということは、取捨選択の連続です。
あふれんばかりの夢の中から、何を選んで何をあきらめるか、
それは結局、自分にとって何が大切なのかを考えることでもありました。

土地については、私は生まれ育った函館に住みたかったのですが、
オットが輸入住宅を気に入った理由である「広々感」をだすためには、
家はどうしても大きめになってしまます。
家が大きくなると、予定よりも建築費がかかるので、
函館よりも土地が安い隣町に建てることになりました。

土地が決まり、本格的にどんな家を建てるかを相談する段階になり
家に対する希望をいろいろと聞かれました。

私がこだわったのはピアノの部屋。
それに対して、さほどこだわりがない場所もありました。
「キッチンには特にこだわりはないので普通で良いです」
と言った時には、担当の方にずいぶん驚かれました。
なんかね、主婦はキッチンに一番のこだわりがあるもので、
いろいろと細かな要望を出すのが普通らしいのです。

実は私は、家事全般があまり得意ではありません(ひかえめな表現)
ほんとのところ、苦手です。
何かしらすんばらしい料理でも作るならまだしも、
普通の料理しか作らないので、普通のキッチンで良いのです。

輸入住宅なので、輸入のキッチンを入れる方が多い中、
うちは、国産のごくごく普通のキッチンです。
でも、一度も困ったことがないので、良かったのだと思います。

キッチンの配置については、パンフレットの中にあった
このLDKの配置が気に入って、これに近い形にしてもらいました。
リビングとキッチンとダイニングが、ゆるやかにつながっているけれども、
気分的には分かれている感じがツボにはまりました。
1129d.jpg

あと、当時は壁一面の壁面収納やウォークインクローゼットが流行っていました。
パンフレットの中の家も、すべてウォークインクローゼットがありました。
けれども、部屋の使い方が限定されてしまうのが嫌で、どちらも必要ないと言いました。

うまく言えないけど、家に合わせて暮らすのはつまらないと思ったのです。
暮らしに合わせて、家具を上手に使って収納して、
時には模様がえをしたりした方が、暮らしの楽しみが広がるように思いました。
また、DIYにも興味があったので、自分で家具を作ってみたい気持ちもありました。

当時まだ若かったので、今後子供がいるかもしれないし、いないかもしれない、
もし子供がいたとしても、一人かもしれないし、三人かもしれない、
将来、オットの両親と同居するかもしれないし、しないかもしれない、
いろいろな不確定要素があったので、
どうゆう形になっても、対応できるような家が希望でした。

何しろ当面二人で住むのだから
小さい部屋がいっぱいあってもしょうがないので、
なるべくゆったりとした開放感のある家をお願いしました。

私たちの希望を話した上で、出来上がった間取りの案は、
なんとも絶妙で、私たちの希望以上の物でした。
直すところはほとんどなく、すんなりと間取りが決まりました。
実際の間取りについてはこちらをご覧下さい 1階 2階 3階

次は床材や壁紙、設備関係などを、選んでいきます。
・・・が、すんなり決まった間取りとは違い、
こちらは難航しました。

続きは後日。
ただいま電動糸ノコを駆使してクリスマスグッズを作っています。
明日はそちらを紹介します。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ
この家のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

この家を建てた頃1 輸入住宅を建てると決めるまで

ただいま12月のクリスマス展に向けて、
作品作りに集中しているので、リフォーム作業はちょっとお休みしています。
その間に、この家を建てた頃のあれこれについて書いていきます。

この家を建てたのは20年前、
私が26歳、オットが28歳の時です。

家を建てようと思ったのは、その2年前。
結婚が決まって、二人で住む家を探している時でした。

当時の私は音楽中心の生活をしており、
ピアノのない生活は考えられませんでした。
ですがグランドピアノが置ける賃貸物件は非常に少なく、
家賃もとても高いと言う事情がありました。
こんなに家賃を払うなら、家を建てちゃった方が良いと思ったのです。

当時はまだバブルの真っ最中です。
リストラなどという言葉は聞いたことがない時代です。
終身雇用を信じて疑わなかった時代、
真面目に働いていれば、少しずつ給料が上がっていって、
ボーナスもちゃんともらえるのが当り前だと思っていました。
その後不景気の波がやってきて、大変な時期もあったけど、
なにしろバブルの真っ最中、そんなことは考えてもみませんでした。

そんな時代背景もあって、家を建てることを決めました。
決めましたといっても、そんな簡単に建てれる物でもありません。
まずは頭金が必要です。
親の援助は全くなしで、二人の力で家をたてることが大前提です。

家の頭金を貯めるために、新婚旅行にも行きませんでした。
数日間のためにお金を使うよりも、
今後年十年と住む家に使った方が良いと思いました。

当時、私はピアノを教える仕事と、
いろいろな所でピアノを弾く仕事をやっていました。
結婚したら専業主婦になろうかと思っていたのですけど、
目標があると、楽しく仕事ができるというものです。
すこしでも家の頭金の足しになればと、がんばって働きました。
家計簿をつけて、やりくりもがんばりました。

休みの日には住宅展示場や、オープンハウスをこまめに回りました。
そこで分かったのは、私とオットの家の好みが違うことでした。
夫は純和風の家が好きで、私は洋風の家が好きでした。
夫は多少不便な場所でも良いから、広い家に住みたいと言い、
私は小さくて良いから、便利なところに住みたいと思いました。

困ったなぁ、、、と思っていたところに、
たまたま北米の輸入住宅のオープンハウスがあり、
なんとなく見に行ってみました。
1127.jpg
この写真は、その時にももらったパンフレットです。
実際に見に行ったのは、個人の方が建てた家で、もっと小さな家でした。

20年前、ノリエ地方(ノリエは私の名前)に輸入住宅は珍しく、
それっていったい何?の状態でした。

とりあえずどんなものか見に行ってみようという気軽な気持ちで
行ったのですが、私は遊び心のある間取りと、
木をいっぱい使っていて温かみがある感じが、とても気に入りました。

1127c.jpg

でも、きっとオットはこうゆう家は好みじゃないだろうなぁと思ったら、
なんとびっくり、夫はその輸入住宅をすごく気に入ったのです。
今までオットが「こんな家に住みたい」と語っていた家とは
何もかもが違うのに・・・

理由ははっきりしていました。
オットは身長が187センチあり、借家ではトイレや和室のドアに、
よく頭をぶつけていました。

私はチビなので、ドアの高さとか天井の高さとか、
それほど気にして暮らしたことはなかったのですけど、
オットは、天井が低いと圧迫感があるそうです。

体の大きなアメリカ人のサイズに合わせて作られた家は、
天井も高く、階段の幅も、廊下の幅も広くて、
のびのびした感じがしたそうです。

始めて二人の意見が一致したのです。
二人で住む家なので、どちらか一方が我慢するのはいけないと思っていました。
あちこち見て回っていたら、きっと二人が気に入る家があるはず、
と思っていたので、ヤッタ!という気持ちでした。

ただ、輸入住宅がまだ珍しかった時代、
長く住んだらどうなのか、サイズが日本の物とは違うので、
壊れた時に修理はスムーズにできるのかなど、不安もありました。
でも、二人が「この家いいよね」って思える気持ちが何よりも大切だと思いました。

気になるのはお値段です。
聞いてみると、やはり私たちが考えていたよりも高くて、
一瞬ひるみました。
でも、若さと言う勢いもあって、輸入住宅を建てることを決めました。

いよいよ次はどんな家にするか、間取りなどを決めていきます。

1127b.jpg

パンフレットを穴があくほど見て、妄想を膨らませる毎日した。

続きは明日。


*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ

この家のこと | Comments(-) | Trackbacks(-)

階段の壁紙にペンキを塗りました。

久しぶりのペンキ塗りです。
1126h.jpg
階段横の壁紙、もともと白かった壁紙が
20年の間にすっかり黄ばんでしまっていました。

色は同じなので、部屋の雰囲気は変わらないけれども、
1126g.jpg

20年の汚れ・・・
掃除をしても撮れなかった汚れを、ペンキは隠してくれるのですねぇ。
1126i.jpg

気が向いたときに、ちまちまペンキ塗りしているので、
部屋の中できれいになったところと、黄ばんでいる所が混在しています。
1126k.jpg
写真で見ると、左側の壁は黄ばんだままです。

まぁ、急ぐものではなし、気が向くままのんびりDIYを続けていきます。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ

LDK | Comments(-) | Trackbacks(-)

「こんな部屋に住んでみたい」を形にする

こんな部屋に住んでみたいなぁという気持ちはあっても、
実際に住んでいる部屋でやるとなるとかなりのパワーか、
もしくはお金が必要です。

あと、見た目には憧れるけど、掃除が大変そうだなぁとか、
現実的な問題もあったりします。
その点、ドールハウスは「こんな部屋に住んでみたいなぁ」という気持ちを
気軽に形にすることが出来ます。

家には、白い部屋はないけど、
白い床にしっくい壁のお部屋もいいなぁって、ちょっと憧れています。
1126a.jpg

実際にどこかの部屋を白っぽくしてみたい気持ちもあるのですけど、
他にもこんな部屋もいいなぁという候補があり、まだ迷っているので、
とりあえずは、ドールハウスで作ってみました。
1126b.jpg

テーブルを囲んでいるのは、歴代の我が家の猫たちのまめねこです。
まめねこたちのクリスマスパーティに、サンタクロースがやってきて、
みんながびっくりしているイメージで作っています。
(急いで写真を撮ったので、まめねこの視線がずれてますね)
1126c.jpg
部屋も、ぬいぐるみも、ツリー等の小物もすべて私の手作りです。
あと壁に飾る絵を描いたり、小物をちょこちょこと作ったり・・・
あ、サンタクロースの白い袋とプレゼントも作らなくちゃ。

ここまで写真をほとんど撮っていなかったので、
思い出したように、外壁の制作過程は写真に撮ってみました。
1126d.jpg

このドールハウスは外側を見せるタイプの物ではないのですけど、
このままではあんまりなので、板壁風にしてみましょう。

木を切り出して、アンティークホワイトのアクリル絵の具を塗りました。
外壁の木は、多少汚れている方が雰囲気が出る気がするので、
きれいにカンナをかけてある木ではなくて、
100キンのボソボソした木を使います。
買ってきたばかりなのに、雨ざらしになった感じが出るんです。
1126e.jpg

絵の具を塗った板を接着剤で貼っていきます。
1126f.jpg

家の壁はすべてビニールクロスなのですけど、
板壁もやってみたいことの一つです。
ドールハウスを作りながら、実際の家をどうしようかと
イメージを固めている面もあります。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ
手作り雑貨 | Comments(-) | Trackbacks(-)

白い収納箱のラベルタグを作りました。

白い収納箱、このままでは中に何が入っているか分からなくて、
いくつもフタをあけてみてお目当ての箱を探している状態なので、
中に何が入っているか分かるようにしないとね。
1110i_20131123175316da7.jpg

いつもなら、マスキングテープにサインペンで書いて貼るのですけど、
たまたま柄物で文字が分かりにくい系のマステしかなかったので、
何か別の方法で・・・
と思ったところで思い出したのが、
1125c.jpg
ネットショップをやっていた頃に、ラッピング等で使っていたスタンプ。

紙にスタンプを押したタグ風のこれ、いっぱいあるんです。
1125d.jpg
作品展の時はプライスカードにしたり、
発送の時は一言添えてラッピングに使ったりいろいろ重宝していました。

で、このタグに中に何が入っているか書いて、
1125a.jpg

こんな風にマステで箱に貼りました。
1125b.jpg

これで中に何が入っているかすぐに分かるようになりました。
1125e.jpg

この手の箱は、高さを揃えておいた方がすっきり見えますが、
猫にとっては高さに変化があった方が楽しいです。
1125f.jpg

当然、見た目すっきりすることよりも、猫が楽しい方が大事なので(オヤバカ)
猫がいる部屋は、あえて高さに変化を受けてデコボコに配置しています。
1125g.jpg

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ

整理収納 | Comments(-) | Trackbacks(-)

カフェカーテンを作りました

洗面所の窓にカフェカーテンを作りました。
まずは完成画像から♪
1124a.jpg

カフェカーテンの生地、この2つで迷いました。
1124b.jpg
カーテンがカラフルで可愛い感じなので、
カフェカーテンも柄物にしちゃおうかと思ったのですけど、
柄×柄だとくどくなるかなぁと思って、白いシンプルな生地をチョイス。

あんまりシンプルすぎるのもつまらないので、
レースでもつけましょうか。
1124c.jpg

はい。つけました。
1124e.jpg

ミシンで直線縫いなので、鼻歌まじりにぬいましょう。
1124d.jpg
つっぱり棒を通すあたりを縫っているところです。

カフェカーテンを作る時には、ちょっとしたこだわりがあります。
突っ張り棒の上にギャザーが寄ってる感じが好きなので、
必ず棒の上に生地が出るようにします。
1124f.jpg
自分で作ると、好みに合わせて作れるのがいいんですよね。

そうそう、タッセルも作りました。
1124g.jpg
これでカーテンを開けられます。

ペンキを塗ったり、壁紙を張り替えたりするのに比べると、
こうゆう布物はミシンでチャチャッと作れるし、
意外と面積が広いので、それだけで部屋の雰囲気が変わるので楽しいです。
1124a.jpg
洗面所も、20年壁紙を張り替えていないので、
そのうち壁紙を張り替えるかペンキを塗るかするつもりです。

このブログをはじめて約2カ月がたちました。
腱鞘炎、手根管症候群等、手の使い過ぎによる持病がある中、
制作活動を続け、なるべく毎日ブログを更新するために、
コメント欄は常に閉じております。

コメントを閉じていて、書きっぱなしの
ブログにあるまじき失礼な状態だと言うのに、
沢山の方に見ていただけて、とても嬉しく思っています。
また、ブログランキングのボタンもポチしていただけて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございます。

拍手ボタンからいただいたコメントも、
読みっぱなしになってしまって申し訳ありませんが、
すべて楽しく読ませていただいて、更新の励みにしています。

これからも、マイペースで部屋作りについて書いていきますので、
どうぞよろしくお願い致します。


*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ


洗面所・トイレ・玄関など | Comments(-) | Trackbacks(-)

物置に木材置き場を作りました。

縫い物にちょっと飽きたので(集中力がない)、今日はお片づけ。

この前白いペンキを塗ったドアの向こうは物置です。
1115b_20131121184726bc4.jpg
屋根の交配のすみっこの方なので天井は低いけど、
長さは8メートルくらいあります。

木材は林檎部屋の隣の部屋に置いています。
でも、長い木材の置き場所に困っていました。
今は壁に立てかけて置いているけど、かなり邪魔・・・
小さな木材はちょくちょく使うのですけど、
大きいのはめったに使わないので、物置きに持っていくことにしました。

空間を有効利用するために背が低いテーブルを持ってきました。
1122g.jpg

さらにテーブルの天板と2×4材をL字金具で留めた物を重ねます。
1122h.jpg

182センチの木材が取り出しやすくなりました。
1122i.jpg
使い道がなくなったテーブルをうまく活用できてちょっと嬉しい♪

ちなみに背の低いテーブルは、ついこの前まで
林檎部屋で天板部分だけ使っていました。
1122j.jpg
なぜこんなところに天板を挟んだかと言うと、
仔猫を迎えると言うことで、これがあった方が上に行きやすいと思ったのと、
トイレも囲まれた感が出て落ち着いてできるかなぁと思ったのです。

その数年前には、花ちゃんの産室だったこともあります。
1122b_20131121184530e27.jpg
ちゃんとした産箱を用意していたのですけど、
花ちゃんが自分でここで仔猫を育てると決めて引っ越ししてきたのです。

ネットショップの基地で使っていたこともあります。
1122d.jpg
このテーブルは結婚する前、サトウ(オット)が一人暮らしのアパートで
使っていた物です。
家を建ててからはもっぱら天板部分だけを利用してきました。

向こう側の壁の、時計の下あたりに見えるテーブルの天板は、
物置の木材置き場で2×4材と組み合わせて使った天板です。
1122c_20131121184532ec5.jpg

今の暮らしで使わなくなった物も、
例えば天板だけにするとか、逆に足だけ利用するとか、
形を変えると、新しい使い道が出来たりします。
収納のための棚は買うとけっこうな値段がします。
家にある物でなんとか出来ないかなぁと考えるのも楽しみの一つです。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ
整理収納 | Comments(-) | Trackbacks(-)