猫と暮らす築23年の家をDIYでプチリフォーム

毎日ちょこちょこDIYリフォームしています。目標は猫と楽しく暮らす家!
2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

セルフリフォームコンテストで2位をいただきました!

今日はとってもうれしいことがありました。

少し前に、セルフリフォーム.comさんに
「壁をカラフルに可愛くDIY」というタイトルで、
窓や壁紙にペンキを塗ってリフォームする様子をアップしたのですが。
それが、なんと「セルフリフォームコンテスト」で2位をいただきました!
0531.jpg
この部屋です。

2位をいただいた記事はコチラです。

このブログでも、日々の制作の様子をアップしていますが、
アトリエと同時進行だし、途中で絵の具の整理収納をはじめたりで、
話があちこちに飛んでしまっています。
なので、ひとつの場所が出来た時点で、セルフリフォーム.comさんで
自分自身の記録も兼ねて、手順を書いておこうと思って、
ちょこちょことアップしていました。

コンテストは、5月9日~30日にセルフリフォーム.comにアップした記事全てが
自動的に審査対象になるということでしたが、
まさか受賞するとは思っていなかったので、びっくり!
そして、とってもうれしいです。

窓にペンキ塗っちゃおうかな。色は何にしようかな。
窓がこの色なら、壁はこんな感じで~と、あれこれいろいろ考えて、
リフォームしたお部屋です。
賞をいただいたことで「この部屋、いいですね」って
褒めてもらえたみたいで、嬉しいものです。
私、基本的に褒められると嬉しくて調子に乗るタイプなんです。

そして、なんとなんと、賞金もいただけます。
これからのリフォームにいかしていける物を買いたいと思っています。
何を買おうか考えるのも楽しみ~。

こちらのページの中ほどに、コンテストの結果がのっていますが、
他の方のリフォームの様子も素晴らしく、とても楽しいので、
DIY好きの方はぜひ見て下さいませ。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
予備室 | Comments(-) | Trackbacks(-)

100キンのガラスシートをはりました。

アトリエの窓は、正面に隣の家の窓があるので、視線が気になります。
0530j.jpg

前はレースのカーテンをしていたのですけど、
少しすっきりさせたくて、ガラスシートをはってみることにしました。
使ったのははコレ。100キンの窓ガラス目隠しシートです。
0530i.jpg

実はこれ、長さが少し足りません。
本来視線が気になる場所にだけ貼るものなのだと思うけど、
私は窓全体にはるつもりです。
0530h.jpg

それで、一応ホームセンターにも見に行ったのですけど、
幅が広いタイプのは、1枚1680円もするのです。
ちょっと高いなぁ・・・ むぅぅ。
とりあえず、100キンの物で何とかしましょう。
と言うことで、もう一度100キンに戻って、ガラスシート買って来ました。
長さが足りないけど、格子の枠があるので、
枠のあたりでうまいこと切り替えれば、分からないかもね。

だいたいのサイズに切って、霧吹きで水をかけてはります。
0530k.jpg

空気を抜きながら貼って、余ったところはカッターで切り落とします。
0530d.jpg

2枚目は慎重に位置を決めて貼ります。
0530c.jpg

ちょっこっと空気が残ったところは、粘土ベラで出しました。
0530e.jpg

パッと見た感じ、継ぎ目が分からないくらいに貼れました!
0530b_20140530210226b51.jpg

格子をつけたら、つぎはぎしているようには見えません。
0530.jpg

左下の窓がガラスシートを貼った窓です。
すりガラス風にしたらどんな感じになるかなぁ、、、
と思いながらやってみたのですが悪くないですね。
0530f.jpg
明日は右側の窓にもガラスシートを貼ります。

水で貼るタイプのは初めてなのですが、
しっかりくっつくものですね。
家には他にも隣の家の窓が気になって、
カーテンをほとんどあけない窓があるので、
そこにもガラスシート貼っちゃおうかな。
窓がらす1枚に対して200円で出来るのもいいよね。

でも、100キンの物なので、使っているうちにシートがずれてこないか、
ちょっと様子を見てからにします。
1枚をペロンとはるなら、ずれても貼り直せばよいけど、
2枚を合わせているので、ずれると貼り直しが大変な気がするので・・・
もしずれてくるようなら、ちょっと高くても1枚物を使った方が良いかもしれないので、
まずは様子を見てみます。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
アトリエ | Comments(-) | Trackbacks(-)

窓の格子

昨日のシックめなアトリエとはうって変って、
カラフルになった予備室の窓際。
0529a.jpg

この窓には元々木製の格子がついていました。
0529g.jpg

窓枠にペンキを塗る時に外して、格子の存在をすっかり忘れていました。
格子にもペンキを塗らなくちゃ!
0529c.jpg

この格子、針が仕込んであって、つまみを動かすと細い針が出ます。
細い針を窓枠の木に突き刺して格子を固定するしくみです。
0529f.jpg

4つ全部にペンキを塗って、
0529d.jpg

窓にとりつけ!
やっぱり格子があった方が可愛いですね。
0529e.jpg
お部屋の雰囲気が、だんだん頭の中にあるイメージに近づいてきました。


*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
予備室 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アトリエ 家具搬入

アトリエの床のオイル塗装が終わったので、
0526d_201405281843064ea.jpg

家具を配置しました。
0528a.jpg

フローリングにする前はこんな感じでした。
0225f_20140528184158aeb.jpg

アトリエが少し広くなったので、机の位置を変えたけど、
基本的には前と同じような感じです。
0528b.jpg
カーペットの時は、糸くず、粘土くず、紙くずの掃除が大変だったけど、
フローリングになったので掃除がずいぶん楽になります。
ピアノのスペースと作るスペースの気持ちの切り替えもできるので、
フローリングにして良かったと思います。

アトリエからピアノを見るとこんな感じになっています。
0528d.jpg

今はカーペットとフローリングの仕切りがぼんやりした感じだけど、
後々間仕切り壁を作って、アトリエスペースを充実させていくつもりです。
0528c.jpg
と書いてはみたけど、相変わらずののんびり気ままなリフォームなので、
アトリエがちゃんと完成するまでは3~4カ月くらいかかるかも。
多分ここだけを集中して一気にやると1週間くらいで出来るに違いないけど、
その日の気分で、あっちこっちやる方が楽しいんですよねぇ。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
アトリエ | Comments(-) | Trackbacks(-)

壁完成!ビフォーアフター

アトリエは、オイルの乾燥にあてているので、
今日は予備室の壁を完成させちゃいます。

この前はドアに赤いペンキを塗ったところまでだったと思います。
0527e.jpg

幅木とドア回りの飾り板にペンキを塗りました。
ドア回りは、赤にしようか、白にしようか、水色にしようか迷ったのですけど、
ペンキは塗ってみてイメージと違ったら、気軽に塗り直せるので
とりあえず水色にしてみました。
0527f.jpg

ちょっとしたアクセントに、ドアとの境目は白くしました。
0527c.jpg

塗る場所の幅が狭いので、ハケではなく絵の具の筆で塗りました。
0527b.jpg

天井の廻り縁も、幅木と同じ水色のペンキを塗りました。
0527g.jpg

スイッチカバーはドアと同じ赤をぬりました。
0527h.jpg

ではではビフォーアフターです。

ビフォー
0527m.jpg

アフター
0527l.jpg
ここに置く家具やシェルフも、カラフルなのを作ろうと思っています♪
左側に見えてる壁には、ドアをつけたり、窓をつけたり、ニッチを作ったり、
いろいろするつもりで、絶賛妄想中です。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
予備室 | Comments(-) | Trackbacks(-)

無垢フローリングにオイル塗装しました

塗料の比較実験も終わり、使う塗料が決まったところで、
早速フローリングにオイルを塗っていきます。
0526a.jpg

塗るのはコチラ。ユーロオイルクリヤー。
0525o_201405261948224d0.jpg

塗装の手順は、ハケでオイルを塗った後、ウエスでふき取ります。
1回目を塗った後20時間置いて、2回目を塗ります。

塗り始め。無塗装の板とはだいぶ色が違いますが、
オイル自体に色はついていません。
0526b.jpg
同じユーロシリーズで、ユーロカラーという色をつけるタイプの物もありますが、
私が使ったのは、ユーロオイルクリヤーという着色なしの物です。

このオイル、サラサラしているので、非常に塗りやすいです。
多少臭いがありますが、溶剤系の臭いではないのでイヤな感じではありません。
0526c.jpg

ゴム手袋をして一気に作業したので、写真が少ないですが、
1回目塗り終わりました。
0526d.jpg
ここまでが昨日の夕方のこと。

そして今日の夕方、2回目を塗りました。
無塗装に1回目を塗った時は、ずいぶん色が変わったけど、
1回目と2回目は、よく見ると色が少し濃くなったかなぁ・・・くらいです。
0526f.jpg
↑の画像、塗料缶の向こう側が2回目を塗ったところです。
パッと見ると色の違いが良く分からないですが、
よく見ると向こう側の方が、少し色が濃いです。

そして、2回目の塗装終わりました。
0526g.jpg

手前に無塗装の板を置いてみました。
色がずいぶん濃くなりました。着色した色ではなく濡れ色と言う感じです。
0526h.jpg
木の表面はしっとりしていて、好きな質感です。

明日一日オイルを乾燥させて、明後日家具を配置したいと思います。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
アトリエ | Comments(-) | Trackbacks(-)

自然塗料の比較実験

アトリエに無垢のオークのフローリングをオイル塗装しようか、
ワックス塗装にしようか、決めかねていました。
考えてもしょうがないので、比較実験をしてみました。

比較したのは蜜ろうワックスとユーロオイル。
蜜ろうワックスはみなさんご存知と思うので説明は省きますが、
ユーロオイルは国産の自然塗装オイルです。
0525o.jpg

比較実験の方法ですが、まず実際の床板に塗装します。
右から、蜜ろうワックス1回ぬり、蜜ろう2回塗り、
ユーロオイル1回塗り、ユーロ2回塗り、無塗装となっています。
0524g.jpg

アトリエで、もっともこぼす可能性が高いのは飲み物なので、
飲み物中心に実験します。
用意したのは、水、カフェオレ、牛乳、コーヒーと小さなシリンジです。
0525f.jpg

シリンジで1目盛ぶんを、ひとつの塗装に対して2か所にたらしていきます。
ちなみに時間は夜10時です。
右側は3分後に、左側は翌朝ふき取ります。
0525g.jpg

そして、3分後、キッチンペーパーで手前にシュッとふき取りました。
うっかりグラスを落としてしまって、飲み物をこぼしたと想定すると、
グラスを拾ったり、布巾を取りに行ったりして、
実際にふき取るは3分後くらいということもあるので、3分後にしました。
0525n.jpg

ふき取って1時間くらいしたところです。
拭いた直後は、拭いた時にこすった飲み物の色とと木の色が似ていたせいか、
色の変化が分かりにくかったですが、飲み物を垂らしたところが白くなっています。
0525l.jpg

翌朝の状態です。
左側の一晩放置した飲み物は、水と牛乳は乾いてなくなっています。
カフェオレとコーヒーは固くなって残っています。
0525m.jpg

キッチンペーパーで拭いても汚れが伸びただけなので、
固く絞った雑巾で拭きました。
まずは、蜜ろうワックスの結果。
右が蜜ろう1回塗り、左が蜜ろう2回塗りです。
3分後にふき取ったところは、丸く白いシミになっています。
翌朝ふき取ったところは、固く絞った雑巾で拭いたあとが分かります。
かなり固く絞ったので大丈夫かと思ったのですが、あとが残ってしまいました。
0525j.jpg

そしてこちらはユーロオイルと、無塗装の結果です。
右から、ユーロ1回塗り、ユーロ2回塗り、無塗装です。
1回塗りの方は、水のあとがありますが、蜜ろうワックスよりは目立たない感じです。
2回塗りの方はコーヒーの色が多少残っているけど、水のあとも、拭きあとも目立ちません。
無塗装は色が残ってとれません。
0525p.jpg

塗料と言うのは、最終的には好みです。
言いかえれば、何を優先するかということだと思います。
汚れに強いと言うことでは、ウレタン塗装が一番だと思うけど、
せっかくの無垢の木を、ウレタンでコーティーングするのは好みません。
無垢の木の良さを感じつつ、キズやシミをある程度は防ぎたい、、、、

自然塗料のオイルは色々がありますが、ユーロオイルに絞っているのには理由があります。
3~4年前に友人に「新築する家に無垢のフローリングを貼るんだけど、
塗装はどうしたらよい?」と相談されました。
うーん、何て答えたものか・・・
質感とか好みもあるし、質感重視なのか、汚れないこと重視なのかにもよるし、
針葉樹なのか、広葉樹なのかによって、木との相性もあるし、
結局「可能なら塗料のサンプルを取り寄せて、実際に塗って見て決めたら~」
と答えました。
その友達は、オイル塗装をするということは決めていたようで、
5種類の自然塗料オイルのサンプルを取り寄せて、
今回と同じような実験をしました。その実験には私も参加しました。
リビングやダイニングにも塗ると言うことで、
醤油や、サラダ油や、ケチャップ等をたらして、時間を測ってふき取る方式です。

実は私はそのときまでユーロオイルを知りませんでした。
あとは有名どころの知っているオイルばかりだったので、
「なんか、1個だけ知らないのがある~」と思ったのですが、
実験の結果、私が一番気に入ったのがユーロオイルでした。
質感と、汚れの落ち方のバランスが良かったです。

今回は、その時の実験に蜜ろうワックスがなかったので、
蜜ろうワックスと、ユーロオイルとの2つで比較しました。
蜜ろうワックスは家具にはよく使っていて、質感がとても好きです。
多分汚れ防止という点では、オイルが優れているだろうけど、
質感に加えて、作業する時の気持ちよさ、、、とかもあります。
オイル塗装は、ゴム手袋をしての作業になるし、
ウエスが発火しないように、水を用意したりとか、
オイルを塗ったら24時間は立ち入り禁止だとかあるのでね、、、
作業する時の気持ちよさでは、蜜ろうが一番と思うのです。
なので、作業のしやすさと、実際の質感の違い、はっ水性などを
トータルで比べたかったのです。

で、実験の結果、アトリエにはユーロオイルを塗ります。
理由は、質感は多分蜜ろうの方が良いだろうと思ったけど、
それほど違いを感じなかったこと。
残るは作業性の蜜ろうと、防汚性のユーロのどちらをとるか考えて、
アトリエは24時間猫を入れないことも問題ないので、
防汚性をとることにしました。

以上、個人的な塗装比較実験でした。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
その他いろいろ | Comments(-) | Trackbacks(-)

ドアに赤いペンキを塗りました。

サンダーがけをしたドアにペンキを塗ります。
0524b.jpg

色はなんと、赤!
塗ったのはバターミククペントのブリティッシュレッド。
かなりくすんだ赤で、赤茶色っぽい色です。
0524e.jpg

全体をみるとこんな感じ。
0524a.jpg
ドアの周りの飾り枠とブルーグリーンの壁面の幅木の色を絶賛迷い中。

窓の取っ手と、
0524d.jpg

コンセントカバーも赤く塗りました。
0523l.jpg

この部屋に取り掛かる時に、パソコンで色彩計画。
パソコンと画面を写真で撮ったので実際と色味がちょっと違いますが、
くすんだ水色と、くすんだ赤、それにクリーム色がメインカラーでした。
色彩計画のメインカラー3色が揃いました。
0518g_20140523204408f64.jpg

ちょっと話はかわりますが、実はただいまワックス実験をしています。

アトリエのフローリングに蜜ろうワックスを塗るか、
自然塗料のオイルを塗るか迷っていまして、実際の床板に塗ってみました。
右から蜜ろう1回塗り、2回塗り、オイル1回塗り、2回塗り、無塗装です。
一昨日の夜1回目を塗り、24時間あけて、昨日の夜2回目を塗りました。
2回目を塗ってから24時感たったところで、実際に水をたらしてみて、
時間をおいたらどうなるか見てみたいと思います。
0524g.jpg
明日はワックスorオイルの実験の過程と結果をお知らせしますね!

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
予備室 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ブラック&デッカー マルチツール使ってみました。

最近入手したブラック&デッカーのマルチツール。
0514d_20140523204405049.jpg

幅木のサンダーがけと、カーテンレール取り付けのためドライバーを使いました。
ヘッドの取り替えが面倒だと嫌だなぁと思っていたのですが、
取り替えはなんてことなく、簡単に取り替えられます。
0523g.jpg

使ってみたところ、グリップが細くて握りやすくていい感じです。
重さも気になりません。
先端が細くなっているので、細かいところまでサンダーがけできました。
0523o.jpg

ありがたいなぁと思ったのは、
基本のセットに充電器とバッテリー2個が付いて来ること。
使っている時に、もう1個を充電しておけば、
気分が乗ってきた時に充電切れで、勢いをそがれることもなくなります。
0523h.jpg

ドライバーはキーレスチャックで、ビットの交換も簡単ですし、
トリガースイッチを、強く押すと早く、浅く押すとゆっくりなるので、
最初はゆっくり、ある程度ビスが入ったら高速でと加減を調節しやすくて良いです。
0523i.jpg

昨日はこの状態だった予備室、
0523q.jpg

左側の壁紙と幅木にペンキを塗って、
ペンキを塗るために外したカーテンレールを取り付けて、
今日はこのようになっています。
0523j.jpg

そしてただいまこの部屋のドアにもサンダーがけしています。
0523r.jpg
明日はドアにペンキを塗ります。

*昨年12月から今年3月頃まで作っていたキャットハウス。
制作の過程を、セルフリフォーム.comというサイトでまとめました。コチラ
0518v.jpg
気ままにが向くままに作業しているので、
ブログでは、あっちの部屋をやってみたり、こっちの部屋に手をつけてみたりで、
まとまりがなくなっているので
ひとつの物が出来たら、時系列でコンパクトにまとめていけたらいいなぁと思っています。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
その他いろいろ | Comments(-) | Trackbacks(-)

ウォールステッカー&幅木のペンキ塗り

窓枠と壁紙にペンキを塗った面、もう少し可愛くしたくて、
0520d.jpg

ウォールステッカーを貼りました。
0521d.jpg

このウォールステッカー、前は別の場所に貼っていました。
0521i.jpg

商品説明には「貼り直し出来ます」とあったけど、
貼ってすぐではないので、どうなのかなぁと思いながら貼ったのですけど、
意外にもすんなりはがして、貼り直すことができました。
前と同じもつまらないので、少しレイアウトを変えて貼りました。
0522c_20140522192315e17.jpg
可愛らしいシールなので、白い壁よりクリーム色の壁の方が似合うみたい。
クリーム色の壁に、可愛らしいシールが似合っていて可愛くなりました。

こうやって見ると、幅木の色が茶色いままなのが気になります。
0521d.jpg

幅木にもペンキを塗っちゃいましょう。
まずはペンキのノリをよくするために、サンダーをかけました。
0521e.jpg

窓枠に塗ったのと同じペンキを塗って、
0521f.jpg

全体に可愛らしくなりました。
0522b_20140522191110278.jpg

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 
予備室 | Comments(-) | Trackbacks(-)