FC2ブログ

キティが暮らしやすいように

20歳10ヶ月のキティ。
0713l_201707162222525f7.jpg


昨年12月に下半身麻痺になり、
当初はほぼ寝たきりだったのですけど、
前足だけで歩けるようになってからは、
リビングエリアで自由に過ごしていました。

ですがここ最近、体を起こそうとして起き上がれないでいるところを
何度か見かけました。
一度起き上がっちゃえば、少しは歩けるのですけど、
長い距離を歩くことはできなくなってしまいました。

キティは場所にこだわりがあるタイプです。
最近はカラフルな引き出しの前に置いたダンボールと
木のボックスがお気に入りで
どこに行っても寝る時は寝床に戻って来ていたのですが、
ここのところ寝床に帰れなくなって「にゃー」と助けを呼ぶ回数が増えました。

体力がなくて、途中で歩けなくなってしまうというのもあるし、
方向がわからなくなって帰れないというのもあるようです。

0718j_2017071621585715f.jpg
少し生活スペースを狭くした方が暮らしやすそうだと思い、
手持ちのダンボール爪とぎで仕切りました。


0718e_20170716215850a31.jpg
ペットシーツのトイレスペースと、
お気に入りの寝床と
くつろぎスペース。


0718b_20170716215846251.jpg
キティが動けるのは1メートル*1、5メートルほどのスペースですが、
このくらいならちゃんと寝床に帰れるようです。
暮らしやすさ重視なので、
見た目は気にしてられません。
1センチの段差も超えられないので、
木のボックスの寝床に行くためのスロープはダンボール。
とりつけは養生テープ。
ダンボール&養生テープというのは
見た目的にはどうもこうもない状態だけど、
汚れたらすぐにとりかえれるという利点があります。

0718c_20170716215847063.jpg
ペットシーツも養生テープで貼り付けています。

0718z_20170716233307c87.jpg
くつろぎスペースは洗えるペットシーツを敷いています。
少し前まではフローリングで何も敷いていなかったのですけど、
最近トイレの失敗が増えて来ました。
基本的にはペットシーツでしてくれるのですが、
最近起き上がるのに時間がかかるし、
うまく起き上がれなくてペットシーツに間に合わないこともあります。
あと、体を動かした拍子にちょっと漏らしてしまうこともあります。
洗濯機でジャブジャブ洗えるペットシーツは便利です。
茶色なのでいかにもペットシーツという感じがしないのも良いです。
これだけのスペースにペットシーツを敷き詰めるのも大変だし、
できるかぎりトイレと生活スペースは分けた方が良いと思っています。
1センチの段差も超えられないので猫砂仕様のトイレに行くことはできないけど、
トイレは水色のペットシーツで、
くつろぐのは茶色いところでと、気分的に分けています。



0718f_201707162158513fb.jpg
仕切りはダンボールの爪とぎを並べただけ。

0718a_20170716215844ff3.jpg
キティはもともとこのダンボールの爪とぎが好きだったし、
これなら他の猫たちも自然に集まって来て、
今までと変わらない感じで暮らせるかなぁと思います。

今のキティには
このくらいの狭さの方が暮らしやすいようです。



*今日のねこしゃしん
0718i_201707162158560d3.jpg




★猫ブログも毎日更新しています。よかったら見て下さいね。
ココをクリック


★更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ

ノリエ

猫と音楽と手作りが大好きです。「猫と楽しく暮らす家」を目指して日々奮闘中。
*FC2公認ブロガー
*LIMIAインフルエンサー
*CatCraftALICEという名前で猫グッズの制作。ねことも(秋水社)にて「まめねこで間違い探し」連載中

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前 メール 件名 本文

QRコード

QR