FC2ブログ

フローリング重ね貼り10

つやりすぎているワックスをどうするかまだちゃんと決めてはいないのですけど、古い板感が残る程度にワックス剥がしで剥がす方向で考えています。

ワックス剥がしを使うのなら床板を全部貼ってから最後に一気にワックス剥がしの作業をすれば良いので、とりあえず板を貼っていきます。

床板を張る時ってプロはフローリング用のタッカーをガンガン打っていくのだと思います。
DIYでやるときはフローリング用の釘を使うことが多いと思います。
・・・が、釘って解体する時に面倒なんですよね。

この度のフローリング重ね貼りも、元のフローリングがはがせるものなら撤去したかったのです。
でも、剥がすのは無理そうだったので、重ね貼りしてドアを切ることにしました。

今から貼るフローリングを将来剥がすことがあるかどうかわかりませんが、剥がしたくなったらはがせるようにしておくに越したことはないのでビスを使います。

0311l_20190310205536a6b.jpg
で、フロアーの取り付けにと表記がある極細のビスを用意しました。
板と板をはめ込む場所に斜めにビス留めするため、ビスが頭が飛び出していると板をかっちりはめられなくなるので、ビス頭が小さい方が良いと思ったのです。


0311i_201903102055406e3.jpg
でもそういえば、この床板はもともとぶっとい釘で固定されていて、大きな釘穴が空いているのでした。

フローリング用の細いビスだと、釘穴が大きすぎるので、別に下穴を開けなければなりません。

無駄な作業なことに今頃気がつきました。

フローリング用のビスは細いビスという固定観念があったけど、もともと太い釘でとめていて、大きな釘穴があいているんだから、普段つかっているビスで良いよね〜。
そしたら釘穴を利用できて下穴を開ける手間もいらないし。


0311z_20190310212649b80.jpg
ということで、家に大箱で常備している軸細コーススレッドというビスを使って,


0311h_20190310205541b63.jpg
床貼り作業しています。
下穴を開けなくて良いのでかなりラクです。


0311j_20190310205538571.jpg
ちょっとピンボケで申し訳ないですが、右がフローリング用の極細ビスです。
ビス頭の大きさが違うの分かりますか?
実際に床貼り作業している左のビスも軸が細めではあるのですけど、フローリング用のビスに比べるとネジ頭が大きいのでビス留め作業がやりやすいです。


0311z2.jpg
今のところここまで貼りました。


0311e_20190310205546a51.jpg
板を貼り始めたら一気に作業が進むと思っていたのですが、古い板なのでそれほど甘くはありませんでした・・・

床貼り作業中、同じような単純作業でブログに書くことがないなぁ〜となりそうですが、作業中に困ったこととか、作業中のあれこれを書いていこうと思っております。


*ねこしゃしん
0311m_201903102055346b7.jpg
外を見るリオウ。


*ホームセンターの情報誌パコマの4月号が届きました。
0311z3.jpg
4月号の特集は「美しい庭の作り方」です。
素敵なお庭がたくさん載っています。
パコマはホームセンターで無料配布していますのでぜひご覧になってくださいませ。


★猫ブログも毎日更新しています。よかったら見て下さいね。
ココをクリック


★更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村住まいブログ DIYへ


ノリエ

猫と音楽と手作りが大好きです。「猫と楽しく暮らす家」を目指して日々奮闘中。
*FC2公認ブロガー
*LIMIAインフルエンサー
*CatCraftALICEという名前で猫グッズの制作。ねことも(秋水社)にて「まめねこで間違い探し」連載中

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前 メール 件名 本文

QRコード

QR