FC2ブログ

自分参加リノベ186 リビングのフローリング張り3

20200303o.jpg
リビングの床板張りの一番の難所、床下点検口が悪目立ちしないように、木目が繋がるように張りました!
思っていたよりもスムーズに張れてホッ。


んがっ、ホッとした直後に落とし穴が・・・


20200303j_20200302234256de7.jpg
最後の1枚を置いてみたら、1センチちょっとの微妙すぎる隙間が・・・・・

ガーンッ。
これまずいやつだ。
残り10列くらいになったらサイズ測ろうと思ってたのに。
10列前に気がついたら、1ミリずつ隙間を広めにとって調整できたのに・・・
床下点検口に気を取られてうっかり忘れてた。


サネ(でっぱり)があるから、1センチちょいの板は多分入れられない・・・
どうしたものか工藤師匠に相談したら、大丈夫ですよとのこと。
えっ、大丈夫なの? 
話しを聞いたら「幅が広い板を貼りますから」と言うではないですか?!
えっ、板って広くなるの。狭くするのは切ればいいけど、広くできるの?魔法使いですか?

一般的なよくある床材ならまだしも、アサダというあまり見かけない板で、しかも床板となるとサネがあるので、厚さもサネの位置もぴったり同じじゃなければいけません。
しかも幅も、元の板の幅に半端に開いてしまった分を足した長さじゃなければいけなくて、たまたまちょうど良いサイズのものがあるとは思えません。

どうするのか謎のまま翌日・・・


20200303i_20200302234257466.jpg
工藤師匠が幅が広くなった床板を手にやって来ました!
右が師匠が作ってくれた板です。


20200303h_20200302234258ff3.jpg
裏を見ると耳がついています。
なんということでしょう!
耳がついているアサダを切り出して幅が広いフローリングの板を作ってくれたのです。

フローリングの板って自分で作れるのか!!!
工藤師匠なら作れても不思議ではないけど、でもものすごい手間です。

プレーナーにかけて板の厚さを調整して、板をカットして、溝を掘って、、、
他の作業でプレーナーにかけるのを見たことがありますが、ちょっとずつ削るので何回もプレーナーに通するので時間がかかります。


20200303m.jpg
板を入れたらぴったり!
あぁ!あぁ!なんとありがたいことでしょう。
短い板を無理やり入れるより、断然仕上がりがキレイです。

うぅ、工藤師匠。いい人すぎる。

20200303n.jpg
そんなこんなで、なんとか床板張り終わりました。
が、そのまま次の途中に突入したので「完成です!」のちゃんとした写真を撮りそびれました。
次の作業が終わって道具を片付けたら床板完成です!写真撮ります。


*プロ気分になれる釘袋*
20200303p.jpg
フローリングを張りって、横に移動しながら作業するのですが、何度も物を取りに移動する私を見かねたのか「これ、貸しますよ〜」と軽い釘袋を持って来てくれました。


20200303g.jpg
おぉ!
便利!便利!
便利なだけでなく、プロの大工になった気分を味わえる一品です。

さっきも言ったけど、工藤師匠、いい人すぎる!


*ねこしゃしん
20200303q.jpg
頭の毛・・・

★猫ブログも毎日更新しています。よかったら見て下さいね。
ここをクリック


★更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村住まいブログ DIYへ


ノリエ

猫と音楽と手作りが大好きです。「猫と楽しく暮らす家」を目指して日々奮闘中。
*FC2公認ブロガー
*LIMIAインフルエンサー
*CatCraftALICEという名前で猫グッズの制作。ねことも(秋水社)にて「まめねこで間違い探し」連載中

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前 メール 件名 本文

QRコード

QR