FC2ブログ

間仕切り家具 天板の取り付けと塗装

間仕切り家具のカウンター、昨日はこんな感じでした。
0619j.jpg

一応天板は載ってはしいますが、このような骨組みの上に乗せているだけです。
0616d_2014062019385698c.jpg

一枚板なら骨組みの上に直接乗せても問題ないと思いますが、
ここでは長い板3枚と、短い板3枚を組み合わせて使っています。
長い板と短い板の境目になる所はそのままだと安定が悪いので、
支えになる板を取り付けました。
0619l.jpg

壁にも天板を受ける支え板を取り付け。
0620k.jpg

これで短いほうの板も安定します。
0619m.jpg

次は塗装です。
ここで問題が・・・ カウンターの天板に使ったのは、フローリング板です。
この部屋は5年後くらいには、別の用途で使うことになる可能性が高いので、
ここをアトリエとして使うのは、多分5年くらいです。
その時に、アトリエの床板やカウンターの天板は予備室の床に敷くつもりです。

予備室が6畳なので、6畳分のフローリングを用意したけど、
(5年後には廃番になっていたり、規格が変わっていて
同じ物が手に入らなくなるかもしれないから)
アトリエは6畳もないので、板が余っている訳です。
とりあえず余っている板をカウンターの天板に利用したけど、
5年後にはフローリングとして使うつもりです。

と言うことは、フローリングと色が変わってしまうとまずいかも。
うーん、でも、テーブルは床とは別の色にしたい気持ちがあります。

さて、どうしたもんでしょ。
6畳の部屋のフローリングの中に、違う色の木が混ざってたら・・・と
想像してみました。

結果、5年後「ここの板は、アトリエのカウンターとして使ってたから、
ちょっと色が違うのよね~~」ということでも、別に良いような気がしてきました。
同じ塗装をしても、家具を置いているところと、置いていないところ、
日が当たる所と、当たらないところで色は変わるしね。
5年間使った木と、使わなかった木とでも、質感は変わるでしょう。
そう思うと、色が多少違う気が混ざっても、全然問題ないわよね。

と言うことで、昨日作ったカラーサンプルをジーッと見て、
0619i.jpg

一番渋めの色のBRIWAXのジャコピアンを塗りました。
ただいま乾燥中です。
0620l.jpg
もう少し濃い色にしたいので、明日2回目を塗ります。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 

ノリエ

猫と音楽と手作りが大好きです。「猫と楽しく暮らす家」を目指して日々奮闘中。
*FC2公認ブロガー
*LIMIAインフルエンサー
*CatCraftALICEという名前で猫グッズの制作。ねことも(秋水社)にて「まめねこで間違い探し」連載中

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前 メール 件名 本文

QRコード

QR