FC2ブログ

この家を建てた頃1 輸入住宅を建てると決めるまで

ただいま12月のクリスマス展に向けて、
作品作りに集中しているので、リフォーム作業はちょっとお休みしています。
その間に、この家を建てた頃のあれこれについて書いていきます。

この家を建てたのは20年前、
私が26歳、オットが28歳の時です。

家を建てようと思ったのは、その2年前。
結婚が決まって、二人で住む家を探している時でした。

当時の私は音楽中心の生活をしており、
ピアノのない生活は考えられませんでした。
ですがグランドピアノが置ける賃貸物件は非常に少なく、
家賃もとても高いと言う事情がありました。
こんなに家賃を払うなら、家を建てちゃった方が良いと思ったのです。

当時はまだバブルの真っ最中です。
リストラなどという言葉は聞いたことがない時代です。
終身雇用を信じて疑わなかった時代、
真面目に働いていれば、少しずつ給料が上がっていって、
ボーナスもちゃんともらえるのが当り前だと思っていました。
その後不景気の波がやってきて、大変な時期もあったけど、
なにしろバブルの真っ最中、そんなことは考えてもみませんでした。

そんな時代背景もあって、家を建てることを決めました。
決めましたといっても、そんな簡単に建てれる物でもありません。
まずは頭金が必要です。
親の援助は全くなしで、二人の力で家をたてることが大前提です。

家の頭金を貯めるために、新婚旅行にも行きませんでした。
数日間のためにお金を使うよりも、
今後年十年と住む家に使った方が良いと思いました。

当時、私はピアノを教える仕事と、
いろいろな所でピアノを弾く仕事をやっていました。
結婚したら専業主婦になろうかと思っていたのですけど、
目標があると、楽しく仕事ができるというものです。
すこしでも家の頭金の足しになればと、がんばって働きました。
家計簿をつけて、やりくりもがんばりました。

休みの日には住宅展示場や、オープンハウスをこまめに回りました。
そこで分かったのは、私とオットの家の好みが違うことでした。
夫は純和風の家が好きで、私は洋風の家が好きでした。
夫は多少不便な場所でも良いから、広い家に住みたいと言い、
私は小さくて良いから、便利なところに住みたいと思いました。

困ったなぁ、、、と思っていたところに、
たまたま北米の輸入住宅のオープンハウスがあり、
なんとなく見に行ってみました。
1127.jpg
この写真は、その時にももらったパンフレットです。
実際に見に行ったのは、個人の方が建てた家で、もっと小さな家でした。

20年前、ノリエ地方(ノリエは私の名前)に輸入住宅は珍しく、
それっていったい何?の状態でした。

とりあえずどんなものか見に行ってみようという気軽な気持ちで
行ったのですが、私は遊び心のある間取りと、
木をいっぱい使っていて温かみがある感じが、とても気に入りました。

1127c.jpg

でも、きっとオットはこうゆう家は好みじゃないだろうなぁと思ったら、
なんとびっくり、夫はその輸入住宅をすごく気に入ったのです。
今までオットが「こんな家に住みたい」と語っていた家とは
何もかもが違うのに・・・

理由ははっきりしていました。
オットは身長が187センチあり、借家ではトイレや和室のドアに、
よく頭をぶつけていました。

私はチビなので、ドアの高さとか天井の高さとか、
それほど気にして暮らしたことはなかったのですけど、
オットは、天井が低いと圧迫感があるそうです。

体の大きなアメリカ人のサイズに合わせて作られた家は、
天井も高く、階段の幅も、廊下の幅も広くて、
のびのびした感じがしたそうです。

始めて二人の意見が一致したのです。
二人で住む家なので、どちらか一方が我慢するのはいけないと思っていました。
あちこち見て回っていたら、きっと二人が気に入る家があるはず、
と思っていたので、ヤッタ!という気持ちでした。

ただ、輸入住宅がまだ珍しかった時代、
長く住んだらどうなのか、サイズが日本の物とは違うので、
壊れた時に修理はスムーズにできるのかなど、不安もありました。
でも、二人が「この家いいよね」って思える気持ちが何よりも大切だと思いました。

気になるのはお値段です。
聞いてみると、やはり私たちが考えていたよりも高くて、
一瞬ひるみました。
でも、若さと言う勢いもあって、輸入住宅を建てることを決めました。

いよいよ次はどんな家にするか、間取りなどを決めていきます。

1127b.jpg

パンフレットを穴があくほど見て、妄想を膨らませる毎日した。

続きは明日。


*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ

ノリエ

猫と音楽と手作りが大好きです。「猫と楽しく暮らす家」を目指して日々奮闘中。
*FC2公認ブロガー
*LIMIAインフルエンサー
*CatCraftALICEという名前で猫グッズの制作。ねことも(秋水社)にて「まめねこで間違い探し」連載中

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前 メール 件名 本文

QRコード

QR