FC2ブログ

割れた木材の補修

実家の押し入れを解体した木材、
ある程度は釘を抜いて持ってきたのですが、
全部は抜き切れなくて、釘がささったまま持ってきたものもあります。
また、長い時間の間に、自然と割れたところもあれば、
解体の過程で割れてしまったところもあります。
0224k.jpg
今日は釘を抜いたり、割れたりヒビが入った板の補修をしたりしました。

真ん中がひび割れています。
0224l.jpg

補修に使うのは小さく切ったクリアファイルと木工用ボンド。
0224i.jpg

狭い場所に木工用ボンドを投入するにはこれが一番!
0224g_201502241940503b0.jpg

ボンドを投入したらクランプで固定して、
はみだした木工用ボンドを濡れ雑巾でふき取ります。
0224e_20150224194027e26.jpg

乾くとこんな感じでひび割れがほとんど分からなくなります。
0224a_2015022419402280c.jpg

斜めにひび割れている所も、クリアファイルでボンドを投入して、
0224d_2015022419402648f.jpg

クランプで固定します。
クランプを使うほどでもないところはマステも使います。
0224c_20150224194024993.jpg

ボンドが乾いた所。
ひび割れていたところは分かるけど、
このくらいになれば実用には問題ありません。
0224m.jpg

手間はかかるけど、DIYは手間を楽しむものでもあります。
木の補修をしていて思うことは、木は補修出来ていいなぁということ。
手直ししながら使い続けることが出来る物って素敵だと思います。

*更新の励みになります。ポチッとしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


手作り・DIY ブログランキングへ 

★猫ブログも毎日更新しています。よかったら見て下さいね。
ココをクリック

ノリエ

猫と音楽と手作りが大好きです。「猫と楽しく暮らす家」を目指して日々奮闘中。
*FC2公認ブロガー
*LIMIAインフルエンサー
*CatCraftALICEという名前で猫グッズの制作。ねことも(秋水社)にて「まめねこで間違い探し」連載中

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前 メール 件名 本文

QRコード

QR